メソポタミア文化圏の活動日誌

同人誌サークル「メソポタミア文化圏」のイベント参加に関する情報や、レポ、その他イラストなどを公開していくサイトになります。 現在お仕事募集中です。連絡は gansotenaeya@yahoo.co.jp まで。

カテゴリ:イラスト > アニメ

20160607
不定期更新「変な秋山殿シリーズ」第一弾です。
要するにいろんなポーズの練習です。

たまに秋山殿じゃなくなることも多々あると思いますが、よかったら楽しんでください。

by.しまうまやちよ

 ☆DLsite様で既刊発売中です!!☆

先日やっと、アニメ「とある科学の超電磁砲S」を観終わったのでせっかくですし感想を少し。
シスターズ編は、ほぼとある魔術の時のリメイクに近い形になっていたので、ジト目好きの私にとって妹たちの目がイキイキしてしまった事実に軽くショックを受けたこと以外は割愛させていただきます。
問題、というか大事なのは後半のアニメオリジナルですよ。

もちろんラストの黒子のめちゃんこかっこいい戦闘シーンにはくぎ付けになりました。
あれは競技用槍投げの槍ですかね?あれをおっきな鞄に詰め込んでポーズ決められた日にはもう…
ふふ、正直…やばかったですよ。
あぁいうロマンあふれる戦い方してくれるから黒子はたまんないっすね。特にアニメオリジナルは。
佐天さんがちょろっと説明書読んだだけで婚后ロボ乗り回してた時はびっくりしましたけどね。
学園都市の学生すごい。

メインの四人の活躍もすごかったですが、私が今回のアニメオリジナルで特に褒めまくりたいのはなんといっても、婚后光子ちゃんですよ。
今回は彼女のおかげで私はアニメオリジナルでボロ泣きしたといっても言い過ぎではないですよ。
原作の漫画を読んだ時から彼女の超友達想いで頑張り屋なところは大好きだったのですが、なぜかアニメではその辺りがカットされまくっていて納得いかなかったのですが、今回のアニメオリジナルでその部分が強く取り上げられていたように感じました。
原作を読んでいなければ、「なぜ急にこのおでこがでしゃばってるんだ?」と思われてもおかしくない位にグイグイ友達大事にするアピールしてましたが、漫画の婚后さん大好きな私はもう泣くしかなかったです。

「なんて友達想いな良い子なんや…」

最後なんか、全く泣く必要のない戦闘シーンでも、婚后ちゃんがちらっと出るだけでボロボロ泣いてましたね。
これがかな?


なので、黒子本を終わらせた後は特に何を描こうか考えていなかった…というか、とある以外のジャンルを描こうかなとさえ考えていたのですが、わからなくなってきましたね。
黒子のツインテールを愛でまくった後は、婚后ちゃんのおでこを愛でまくる必要があるのかもしれません…けど、どうせレールガン本を出すのなら、黒子の後は佐天さんの話を描きたいなと考えていたので、現在は次回作をどうするかとても悩んでいます。

まずは黒子本を無事に終わらす必要がありますが!

少し長くなってしまったので、この記事は感想だけになりますが、後からすぐに少し描いた四コマをアップしたいと思います。
詳細はそちらでしたいと思いますので、こちらはこの辺で一旦失礼いたします。

では!

by.しまうまやちよ

このページのトップヘ